FC2ブログ

 単体女優 AVに捧げた16年
 SDGsの不都合な真実 「脱炭素」が世界を救うの大嘘
 防大女子 - 究極の男性組織に飛び込んだ女性たち
 録音録画時代の取調べの技術

ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
美人女子アナ「辛ラーメン大好き!実家の味です(笑)」👩🏻


私も家が貧乏だった。

早くに父が他界して、母と二人暮し。

多分、給食費を払うのも精一杯だったと思う。

1,2年の担任の先生がいつも気にかけてくれていた。

新たに教材を揃えないといけない時は、前年の残りや先生の物をコソっと分けてくれた。

文房具も揃えきれない私に先生は、成績が上がる度や、毎年誕生月に

鉛筆、ノート、消しゴムなどを「皆にはナイショだよ。」と言ってプレゼントしてくれた。

それは小学校を卒業して、中学生になっても続けてくれた。

私が高校生になるのをとても楽しみにしてくれていたのだが、

私の制服姿を見てもらえる事無く、突然この世を去ってしまった。


高校生になって、アルバイトで初めて貰った給料でネクタイを買った。

初めて稼いだお金は、先生へのお礼に使いたいとずっと思っていた。

母も賛成してくれた。

休日、二人で先生宅を訪れ、奥様に今までの経緯とお礼を述べ、

持参したネクタイを受け取ってもらうと、奥様はふと想い出したように席を立たれた。

奥様は小さな包みを持って来られると、それを私に差し出し、

「きっとこれはアナタへの贈り物だと思うの。 夫は普段、学校の事は一切話さなかったの。」

「でも、『高校受験する生徒がいる』と、まるで自分事のように心配してて。」

「小学校の先生なのに可笑しいわよね。」と懐かしむように話してくれた。


先生からの最後のプレゼントは、万年筆と小さなメッセージカードでした。

カードには、「これからも沢山勉強しなさい。」と書かれていました。



部屋を見回すと、ノート、シャーペン、下敷き、定規、辞書、参考書。

どれも先生から頂いたものばかり。

でも、物では返せない、沢山の御恩を先生から頂いたと思うのです。

もうすぐ私は先生の言葉を胸に、母校の教壇に立ちます。


関連記事


    


管理人オススメ記事
【衝撃】ラーメン店商売成功の基本、「味」よりも「値段」だった
あれ?麦わらの一味に黒人がおらんのって差別では…?
車の趣味って女の子の好みと近いってマジ?
女の子はどうして親切なおっさんを嫌うのか

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク

B0972DGHZ7
『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』劇場限定版Blu-ray


★オススメリンク
コメント
382:小晴:2008/12/19(金) 00:31
やばい、本気で涙が流れました(;ω;)

1303::2009/06/22(月) 23:30
このコメントは管理人のみ閲覧できます

4715:名も無き修羅:2009/11/23(月) 15:22
こんな立派な先生の生徒だろ?
絶対、立派な先生になれるさ…(´;ω;`)

コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cherio199.blog120.fc2.com/tb.php/749-8a2c3920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Page Top

Back To Top