FC2ブログ

 言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか
 マンガでわかる人工知能
 韓国、ウソの代償 沈みゆく隣人と日本の選択

ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
刑務所(農場受刑者)のメシwww


【チェス】将棋の羽生善治二冠、仏チェスチャンピオンとチェスで戦い引き分けに持ち込む
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1319969412/


516 :名無しさん@涙目です。(アラビア):2011/10/30(日) 20:40:23.20 ID:J61F3jZc0
将棋が流行らない最大の要因は、教える人が壊滅的に下手だから。

あるプロが、将棋を教える際のコツとして
「とにかく負けること。何がどうなっても絶対に負けてやること」と言っていた。
将棋を好きになるにはとにかく相手の王を仕留めて勝つという喜びを教えるのが第一。
しかし将棋指しの99%は指導であってもわざと負けるということが出来ない。

手筋とか詰め将棋とか大局観とか棋譜ならべとかは全部その先の話だと思う。



527 :名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/10/30(日) 20:42:57.24 ID:J9KJtLIF0
>>516
取った駒を使う=捕虜を戦わせる

って言って取った駒使わない月下の棋士のロシア人がいたな



552 :名無しさん@涙目です。(コネチカット州):2011/10/30(日) 20:49:55.56 ID:5sq0G5FSO
>>527
元ネタ

636 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2009/07/31(金) 17:57:40 ID:u6qCyOpI0
日本将棋連盟は終戦後GHQに呼び出されました。
当時升田幸三は将棋界の関西本部長代理という肩書きで、それほど力は持っていませんでしたが、将棋連盟の代表には升田が選ばれました。
その知識・頭の回転の速さ・度胸・そして将棋の強さ。どれをとっても升田にかなう人間はいなかったからです。
GHQの呼び出し理由はこうです。
「日本の将棋はチェスと違って、取った駒を自軍の兵士として使用する。これは捕虜の虐待思想につながり、国際条約に違反する。将棋は日本の捕虜虐待に通じる思想だ」
と言いがかりをつけました。 
升田幸三は至って平然として、出されたビールを飲みました。
「なんだコレ。マズいビールだな!」といきなり大きな声を出したので、GHQはビックリして升田を見ました。
「それならナポレオンがあるがどうする?」
升田はまだ洋酒というものを知らず、当然ナポレオンが最高級酒であることも知らない。
「ナポレオンみたいな冬が来たら負けるよな酒はいらん」
GHQは困った顔をしましたが、さらに升田節は続きました。
「チェスでは取った駒を殺すんだろ?それこそ捕虜の虐待だ。日本の将棋は敵の駒を殺さないで、それぞれに働き場所を与えている。常に駒が生きていて、それぞれの能力を尊重しようとする正しい思想である」
GHQは升田の毒気に押されて苦笑するばかりです。
「アメリカ人はしきりに民主主義・男女同権を訴えるが、チェスは王様が危なくなると女王(クイーン)まで盾にして逃げようとするが、あれはどういう事だ?」
ここまで来るともうGHQも何も言えません。しだいにGHQも升田の話に興味持ち出して、こういう問答が5,6時間続きました。
そして最後に 「君は実に面白い日本人だ。土産にウイスキーを持っていけ」 と最後には升田に敬意をしめしました。


567 :名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/10/30(日) 20:56:48.30 ID:KH9gpBEd0
>>552
この話好きだわ
屁理屈っちゃあ屁理屈だが上手い切り替えしだと思う



793 :名無しさん@涙目です。(北海道):2011/10/30(日) 23:58:45.01 ID:LRRojSRe0
>>552
升田△



masuda-kou.jpg升田 幸三(ますだ こうぞう、1918年3月21日 - 1991年4月5日) Wikipedia
将棋棋士。実力制第4代名人。広島県双三郡三良坂町(現三次市)生まれ。名前は正しくは「こうそう」と読むが、将棋界では「こうぞう」で通した。木見金治郎九段門下。棋士番号18。三冠独占などの輝かしい戦績は勿論のこと、その独創的な指し手、キャラクター、数々の逸話は、将棋界の歴史を語る上で欠かすことができない。終戦直後、日本を統治していたGHQが、「将棋は相手から奪った駒を味方として使うことができるが、これは捕虜虐待の思想に繋がる野蛮なゲームである」として禁止しようとした。将棋連盟の代表としてGHQと相対した升田は「将棋は人材を有効に活用する合理的なゲームである。チェスは取った駒を殺すが、これこそ捕虜の虐待ではないか。キングは危なくなるとクイーンを盾にしてまで逃げるが、これは貴殿の民主主義やレディーファーストの思想に反するではないか」と反論した。ある対局で、もつれた終盤戦で升田がバチッと力強く勝負手を放った。升田は自信満々に「詰みだな」と一言つぶやいた。相手の棋士は大棋士たる升田が詰みだと自信満々に言うので戦意を喪失してそこで投了してしまった。ところが局後の感想戦で詰んでいないことが明らかになった。相手方の棋士はつい恨み言を升田にぶつけたところ、升田は「プロがきちんと確認もしないで俺の一言で投了したんじゃあ、お前の棋力はそんなもんだよ」とうそぶいていたという。



関連‐先日、将棋界の鈴木八段とこんな話をしました
    伝説の女流棋士・林葉直子さんの凄まじい人生
    羽生善治はチェスをやらせてもすごかった
    フォロー:0 フォロワー:30,057


こだわり人物伝 升田幸三 伝説の棋士 [DVD]
NHKエンタープライズ (2011-10-21)
売り上げランキング: 18877
関連記事


    


管理人オススメ記事
口裂け女とかいう全国のキッズを恐怖に陥れた存在
江戸時代の将軍の生活が優雅過ぎるwww
グルメ漫画「言うまでもなく無化調で塩ラーメンを作るのは非常に難しい」
天ぷら職人「客前で天ぷらを揚げるには10年修行しないとダメ。見て覚えるのに10年かかる」

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク


‐全ランキング表示‐

★オススメリンク
コメント
78391:名無しマン:2011/10/31(月) 00:56
かっけえな、この話

78394:名無しマン:2011/10/31(月) 01:31
GHQにこんな強気な態度ってw
世界中に怖いものなんてないんじゃないのこの人w

78395:名無しマン:2011/10/31(月) 01:41
棋士って元々負けたら死ぬような世界だったりしたわけだしね

78397:名無しマン:2011/10/31(月) 02:17
田中でこの話知ったわ

78400:名無しマン:2011/10/31(月) 03:50
大山十五世名人は戦時中は支那。
升田はマーシャル諸島のクサイ島に派遣されていた。

プロ棋士ということで物資不足の部隊でもわりと大事にされ、将棋の相手をたびたび頼まれたが「腕が落ちるから嫌だ」とずっと断り続けていたという。

その代わりに「これが5分で解けたら一級」というように詰め将棋の問題を出した。
下士官から強く頼まれ続けるとたまに対局を引き受けたが、全て大駒を落としていたという。

当時、他のプロ棋士も徴兵に取られて各地に派遣されていたが、彼ほど個性の強い棋士は珍しかったのかもしれない。

戦前世代の棋士は面白いエピソードが多い。


78403:名無し@まとめいと:2011/10/31(月) 05:39
この人を見ると、昔の人は男の中の男だなぁと思う
今の政治家じゃ絶対この強気は見せられんだろうし
「最近の若い者は軟弱」じゃねえよ
お前らも十分腐ってるわ

78405:名無しマン:2011/10/31(月) 08:57
この人、今でも人気高いからなあ
現役棋士に「対局してみたかった棋士」を聞けば、たぶんトップ

78415:名無しマン:2011/10/31(月) 09:55
かっこいいなあ

78418:名無しさん@ニュース2ちゃん:2011/10/31(月) 10:31
棋士では升田一番好きだ。

小池重明に勝って「私がプロだということを忘れとっただろう」って言い放つエピソードもかっこいいし、
木村名人に「名人などゴミのようなものだ」と言って、
「じゃあお前はなんなんだ。」と返されて、
「ゴミにたかるハエですな。」と答える話もかっこいい。

78493:名無しマン:2011/11/01(火) 01:19
かっけえ

コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
Page Top

Back To Top

アクセスランキング ブログパーツ