FC2ブログ

 言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか
 マンガでわかる人工知能
 韓国、ウソの代償 沈みゆく隣人と日本の選択

ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
刑務所(農場受刑者)のメシwww


ある男が旅先で泥棒に遭い、旅行カバンと財布入りのバッグを盗まれてしまった。

帰りの航空チケットは運良く背広の内ポケットに入っていたが、空港までタクシーに乗る金がなかった。

男はホテルの前で客待ちをしていたタクシーに乗り込み、運転手に事情を話した。

「…というわけなんだ。自宅に戻ったら速達で倍の料金を送るから、
空港まで乗せていってくれないか?」

「ふざけんな、こちとら商売なんだぜ。金がねぇんなら俺の車から
出ていきやがれ!」
 
男は何度も頼んだが、運転手は頼みを聞いてくれなかった。

男はやむなくヒッチハイクをして、どうにか空港にたどり着いた。
 



一年後、男は同じ土地を訪れ、今度は無事に旅行を楽しんでから
帰路に着いた。

ホテルの前で客待ちをしているタクシーの列を見つけ、先頭のタクシーに乗り込もうとした男は、一年前の非情な運転手が列の最後尾にいるのに気付いた。
 
男は、あの慈善の心を持たない運転手に仕返しをしてやろうと考えた。

男はまず、先頭のタクシーに乗って運転手に尋ねた。

「空港まではいくらかかる?」

「15ドルくらいだね」

「じゃあ、50ドル払うから、途中で俺にケツを貸してくれないか?」

「なに!? ふざけるな! 俺はオカマじゃねぇ! とっとと車から降りろ!」

男は先頭のタクシーから降り、2台目のタクシーに乗って同じ質問をした。

2台目のタクシーの運転手も激昂し、男は車から降ろされた。

男は同じ質問を3台目、4台目…と、次々に繰り返しては、車から降ろされた。
 
そして最後の、あの運転手のタクシーに乗り込み、男は言った。

「空港まではいくらかかる?」

「15ドルくらいだな」

「じゃあ、空港まで頼む」
 
運転手は何の疑問も持たずにタクシーを出した。

前に並んでいるタクシーの横を通り過ぎるとき、男はそれぞれの運転手に笑顔を向けながら親指を立てた。

関連記事


    


管理人オススメ記事
口裂け女とかいう全国のキッズを恐怖に陥れた存在
江戸時代の将軍の生活が優雅過ぎるwww
グルメ漫画「言うまでもなく無化調で塩ラーメンを作るのは非常に難しい」
天ぷら職人「客前で天ぷらを揚げるには10年修行しないとダメ。見て覚えるのに10年かかる」

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク


‐全ランキング表示‐

★オススメリンク
コメント
コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cherio199.blog120.fc2.com/tb.php/541-1d17dc25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Page Top

Back To Top

アクセスランキング ブログパーツ