FC2ブログ

 もしも桃太郎が少年ジャンプの連載だったら
 ここが変だよ日本国憲法!
 特攻隊員の現実
 「反権力」は正義ですか

ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
漫画「私は目覚めたんだ。」「やっと起きたんだ。」「脳が目覚めた。」


ある男が旅先で泥棒に遭い、旅行カバンと財布入りのバッグを盗まれてしまった。

帰りの航空チケットは運良く背広の内ポケットに入っていたが、空港までタクシーに乗る金がなかった。

男はホテルの前で客待ちをしていたタクシーに乗り込み、運転手に事情を話した。

「…というわけなんだ。自宅に戻ったら速達で倍の料金を送るから、
空港まで乗せていってくれないか?」

「ふざけんな、こちとら商売なんだぜ。金がねぇんなら俺の車から
出ていきやがれ!」
 
男は何度も頼んだが、運転手は頼みを聞いてくれなかった。

男はやむなくヒッチハイクをして、どうにか空港にたどり着いた。
 



一年後、男は同じ土地を訪れ、今度は無事に旅行を楽しんでから
帰路に着いた。

ホテルの前で客待ちをしているタクシーの列を見つけ、先頭のタクシーに乗り込もうとした男は、一年前の非情な運転手が列の最後尾にいるのに気付いた。
 
男は、あの慈善の心を持たない運転手に仕返しをしてやろうと考えた。

男はまず、先頭のタクシーに乗って運転手に尋ねた。

「空港まではいくらかかる?」

「15ドルくらいだね」

「じゃあ、50ドル払うから、途中で俺にケツを貸してくれないか?」

「なに!? ふざけるな! 俺はオカマじゃねぇ! とっとと車から降りろ!」

男は先頭のタクシーから降り、2台目のタクシーに乗って同じ質問をした。

2台目のタクシーの運転手も激昂し、男は車から降ろされた。

男は同じ質問を3台目、4台目…と、次々に繰り返しては、車から降ろされた。
 
そして最後の、あの運転手のタクシーに乗り込み、男は言った。

「空港まではいくらかかる?」

「15ドルくらいだな」

「じゃあ、空港まで頼む」
 
運転手は何の疑問も持たずにタクシーを出した。

前に並んでいるタクシーの横を通り過ぎるとき、男はそれぞれの運転手に笑顔を向けながら親指を立てた。

関連記事


    


管理人オススメ記事
1993年の米騒動の時ってお前らタイ米とか食べてたの?
客「あがりもらえる?」寿司屋「あがりってのは店の符丁なんだよ素人が!」
京都人「京都はいやな奴もいるしぼったくりもイケズもある」
牛も悲しんで泣くらしい。これでも肉を食べたいですか?

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク



★オススメリンク
コメント
コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cherio199.blog120.fc2.com/tb.php/541-1d17dc25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Page Top

Back To Top