fc2ブログ

 AV女優の家族
 ウソみたいだけど本当にあった歴史雑学
 2030年「東京」未来予想図
 第三次世界大戦はもう始まっている

ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
ゴールデンカムイの牛山辰馬ってめちゃくちゃカッコいいキャラだったよな


後味の悪い話 その185
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1638349952/


※ネタバレ注意!


99kh19.jpg


21 :本当にあった怖い名無し:2021/12/02(木) 00:05:19.77 ID:1xRMK1SJ0.net
『神々の山嶺』という映画が切ない。原作は夢枕獏の小説。漫画版は谷口ジロー。

カメラマンの深町は、ネパールで取材をしていた際に、50年以上昔の旧式カメラを骨董品店で発見する。
そのカメラは「なぜ山に登るのか?」という質問に対して「そこに山が有るから」と答えた伝説の登山家「ジョージ・マロリー」の遺品だった。
マロリーは、当時は前人未踏だったエヴェレストの山頂を目指し、帰らぬ人となっていた。
しかし、「マロリーは遭難して帰らぬ人となる前にエヴェレストの山頂に辿り着いていたのではないか?」とする説も有る。
もし、マロリーのカメラの中に「エヴェレスト頂上の写真」が有るのならば、「人類初のエヴェレスト登頂者はマロリーだった」という事になるのだ。
深町はカメラの中身を確認するが、残念ながらフィルムは入って無かった。
そこで深町はカメラの発見者である人物に会い、フィルムの所在を訊ねる。
発見者はカメラを見付けはしていたが、フィルムの在処は知らなかった。つまり、フィルムは今もまだエヴェレストの何処かに眠っているのだろう。
その時、深町は発見者の正体に気付く。
発見者はネパール人ではなく「羽生」という日本人の有名な登山家であった。



22 :本当にあった怖い名無し:2021/12/02(木) 00:05:56.31 ID:1xRMK1SJ0.net
羽生は人間離れした登山センスと超人的な精神力を持っているが、野心家であるため人格に難が有り、普段から「登山中の同行者は荷物持ちに過ぎない」「もし同行者が死にかけても見捨てる」等と公言していた。
それ故に、実際に登山中に相棒を亡くした際には「相棒を見殺しにした」と噂され、業界では名声と共に悪評が知られている曰く付きの男であった。
数年前、羽生はエヴェレストに挑んだが遭難して行方不明となっており、死んだものとされていた。
しかし、羽生は奇跡的に現地人に救助されており、そのまま日本に帰らず、日本国籍を捨てるような形で現地に帰化してしまっていたのだ。
羽生の目的とは、エヴェレストに挑み続けること。
しかも、「単独」「無酸素(限り無く軽装)」「最短距離」での登頂という前人「未到」の偉業を達成するために。
「エヴェレスト初登頂者の真相」、そして「前人未到の挑戦」、この二つは大スクープに成りえる。
深町はマロリーのフィルム探しを兼ねて羽生に密着取材することにし、羽生の後を追ってエヴェレストを登っていく。
だが、深町は頭部に落石を食らって負傷してしまい、危うく死にかけるが、そこを羽生に救われる。
その日の夜、テントの中で二人は語らい、羽生の秘めていた悲しい過去(相棒を亡くした事故の真相)が明かされた。
しかし、羽生の挑むルートが前人未踏の断崖絶壁であったことと、頭部の負傷から、深町は同行を断念して途中で下山することとなった。



23 :本当にあった怖い名無し:2021/12/02(木) 00:07:42.56 ID:1xRMK1SJ0.net
下山しながら振り向いた深町は、断崖絶壁をハーケンもザイルも無しにピッケルのみで登っていく羽生の勇姿を、そしてブリザードへと急変していく山の天候を見た。

結局、羽生はそのまま帰って来ず、今度こそ帰らぬ人となったのだろうと思われた。
深町は帰国して暫くは鬱屈とした日々を送っていたが、やがて再びネパールへと渡ると、羽生と同じようにエヴェレストに挑んだ。
過酷な道であったが、頂上付近にまで差し掛かる。
そこで深町は、冷たくなった羽生を発見した。
羽生の手元には手記が有り、彼の最後の言葉が記されていた。

“足が動かなくなったら、手で進め”
“手が動かなくなったら、歯で雪を噛んで進め”
“歯がダメになったら、目で進め。目で、睨みながら進め”
“目もダメになって、本当に動けなくなったら、思え”
“想え”

そして、手記には羽生がエヴェレスト登頂を果たした事も記されていた。
「そうか、あんた、達成したんだな」と羽生の亡骸に語りかける深町。
すると、幻聴なのか、それとも羽生の幽霊なのか、羽生の声が『そうだ』と深町に語りかけてきた。
『そして、ここにはお前が求めていた物も有る』
羽生の示した方向に深町が目を向けると、そこにはジョージ・マロリーの遺体が有った。
『フィルムは、そこだ』
しかし、深町は「そんな物は、もうどうでもいい」と言う。
「あんたを連れて帰る。一緒に帰ろう、羽生」

深町は羽生を連れて下山しながら、ただ一心に羽生の手記の詩を思い返し続けた。

“思え。想え”



25 :本当にあった怖い名無し:2021/12/02(木) 05:11:53.47 ID:C+/Uu0Ra0.net
>>21-23
何が後味が悪いのか、よくわからない。
「いやいや、後味の悪い話じゃなくて、切ない話ですよ」というなら単なるスレ違いでは…



31 :本当にあった怖い名無し:2021/12/02(木) 21:48:31.19 ID:wGd1hcJW0.net
>>25
連れ帰ったのは、
「野心家で正確に難のある男とその『主観的』な成功の手記」
置いていってしまったのは
「世界初の登頂を『客観的』に証明できるかもしれないフィルム」
というのが後味の悪さかも



32 :本当にあった怖い名無し:2021/12/02(木) 22:47:21.12 ID:1xRMK1SJ0.net
>>31
まさしく羽生が登頂に成功したかどうかは手記にしか書かれてなくて、羽生の自己申告でしかない
羽生の“想った”錯覚であった可能性も有り、真相は藪の中
羽生は荷物の重量を極限まで削ぎ落とすために、出発前に手帳の表紙の厚紙を破り捨てたり鉛筆を半分に切り落としたりして、食料さえ切り詰めていた(せいぜい数グラムだろうに、狂気染みてる)
そんな感じだから、カメラなんて持って行ってないのよ



33 :本当にあった怖い名無し:2021/12/03(金) 01:09:23.42 ID:EDqvHDwk0.net
>>25
長くなるから省いたけど
(あっ、「省」と「羽生」をかけたダジャレではないよ)
登山は最低でも二人一組で互いの身体を命綱で繋ぎ合って行うのが安全で理想的
一方が滑落したりしても、命綱で繋がっているもう一方が踏ん張ることで命を救える可能性が有るから
しかし、それは同時に「一方が滑落すれば、もう一方も道連れにななり、二人同時に死亡してしまう」という危険性も秘めている
だから羽生は日頃から
「相方が滑落したら、俺は迷うことなく命綱を切断する」「滑落は当人のミスで自己責任。そんなのに巻き込まれて死んでたまるか」「もし俺が滑落したなら、相方に命綱を切って欲しいと願うね」
などと暴言を吐いていたし、他にも自分勝手な行為を数多くしていたから、伝説的な登山家でありながらも登山業界では嫌われ者となり、タッグを組んでくれる相手がいなくなってしまった
そして、岸という名の若き登山家が現れる
この岸という若者は、羽生に憧れて登山家を志したと語り、羽生とタッグを組むことを志願する
こうして羽生と岸はタッグを組み、様々な山を踏破していく
のだが、ある時ついに岸が滑落して重症を負って宙吊りになってしまう
羽生は岸と繋がっている命綱を片手で握り締めて引き上げようとしながら、「必ず助ける。諦めるな」と必死に呼び掛けた
(羽生の「見捨てる」発言は口だけだったのか、それもと羽生にとって岸は大切な存在となっていたのか。たぶん後者)
しかし、岸は羽生を巻き添えにしまいと、ナイフを取り出して命綱を自ら切断し、転落死してしまった



34 :本当にあった怖い名無し:2021/12/03(金) 01:11:13.64 ID:EDqvHDwk0.net
>>33
そんで羽生は、「『俺が滑落したら命綱を切って欲しい』という過去の俺の発言が、岸を自決に追い込んでしまった」
「俺は岸の犠牲によって生かされた」と感じて自責の念にかられ、何の弁明もせずに「相方を見殺しにした登山家」という汚名を受けることとなった
それからというもの、羽生は一人孤独に登山家を続け、稼いだ金を岸の遺族に匿名で送り付けるようになった
すると岸の妹さんが送金者を調べて羽生に行き着いて来て、やがて羽生と妹さんは交際を始めた
しかし羽生はネパールで消息を絶つ
羽生はエヴェレストに挑むも遭難してしまい、現地で暮らすネパール人の老人とその娘さんによって救助され、恩返しとして娘さんと結婚し、子供まで産まれてしまったからだ
そのまま羽生は現地人を装いながらネパールで暮らし、虎視眈々と次のエヴェレスト遠征の準備をしていた
深町がついてくる事になった時、羽生は「後を追ってくるのはお前の自由だが、俺は『単独』での登頂を目指しているから、お前が死にかけていても助けない」と宣言していた
だけど、実際に深町が死にかけた際、羽生は深町を助けた
その理由を問われて、羽生は岸の死の真相を明かし、「岸に救われた借りを、誰かを救うことで返したかっただけだ」と答えた

日本に彼女がいながら、ネパールで現地妻と子供をもうけ、その上で命懸けの挑戦をして壮絶死する
ハッキリ言ってしまえば究極に自分勝手な道楽者の糞野郎で、登山業界で嫌われてたのも当然だと思う
何年も待っていた彼女の気持ちや、遺される妻と子供のことも考えよろな。夢とロマンを追い求めるのも大概にしろ
だけど、元々野心家だったのに相まって、「岸の犠牲によって生かされた」という意識が「偉業を成さなければならない」という想いに拍車をかけていたのかもな、とも考察




関連‐「なぜ山に登るのか」「そこに山があるから」 ←オススメ
    登山家・栗城史多さんの死因は何故変わったのか?
    遭難した登山家の遺体は何十年もその地点での目印代わりになる
    【後味の悪い話】うちの爺さん、若い頃に仲間と登山して遭難した経験があったんだよ


エヴェレスト 神々の山嶺 豪華版 [Blu-ray]
岡田准一(出演), 阿部寛(出演), 尾野真千子(出演), 平山秀幸(監督)
KADOKAWA / 角川書店 (2016-09-09T00:00:01Z)
5つ星のうち4.3
関連記事


    


管理人オススメ記事
時代考証を無視した作劇って歴史改ざん、歴史捏造につながるよな
ゴルゴのスイス銀行口座にはどんだけ貯金されてるんやろか?
食事してる時必ず「一口ちょうだい」って言ってくる奴www
スパイ漫画ってジャンルはあるようで今までなかったな

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク



★オススメリンク
コメント
408989:名も無き修羅:2022/02/24(木) 12:18
谷口ジローの漫画版は面白かった

408990:名も無き修羅:2022/02/24(木) 12:18
映画見てないけど原作・漫画版とほぼ一緒の話なのかラスト以外は

408992:名も無き修羅:2022/02/24(木) 12:30
結局、どこが後味悪かったんだ?

408993:名も無き修羅:2022/02/24(木) 12:39
内容は知らないがひらパー兄さんが「ええベスト 中々の温もり」になってたやつか

408994:名も無き修羅:2022/02/24(木) 12:40
アベカンと岡田ってのが最強コンビだったな。原作のキャラを完全再現だった
こういう男っぽい映画でちゃんと演技できる役者がいないと日本映画は韓国映画に滅ぼされるぞマジで
売れてるのがガキ向けアニメだけって先進国じゃない

408999:名も無き修羅:2022/02/24(木) 12:57
3行で頼む

409000:名も無き修羅:2022/02/24(木) 13:06
深町「それ、結局最後はノーマルルートじゃん」
羽生「なん・・・だと?」死亡

409001:名も無き修羅:2022/02/24(木) 13:29
>408999

絵本でも見てなよボウズ

409002:名も無き修羅:2022/02/24(木) 13:31
読みやすかった

409004:名も無き修羅:2022/02/24(木) 13:45
はぶなのかはにゅうなのか気になって頭に話が入ってこない

409006:名も無き修羅:2022/02/24(木) 14:02
羽生がガイジなのが漫画版読んでよく分かった

409008:名も無き修羅:2022/02/24(木) 14:24
ええベストの印象しかない

409012:名も無き修羅:2022/02/24(木) 15:45
長期入院中に病院で読んで胸を熱くしたわ
上巻しか見つからずにどうしても続きが読みたくなって色んな棟を探し回って見つけて読んだわ

409013:名も無き修羅:2022/02/24(木) 16:19
深町ってもともと登山やってた設定なんだっけ?
そうでもなきゃエベレストで付いて登ったりできねえよな

409014:名も無き修羅:2022/02/24(木) 16:26
シェルパとか恋人とかライバルの話は丸丸カットっぽいな映画版は

409018:名も無き修羅:2022/02/24(木) 17:19
漫画読み終えた後の余韻が心地良かった
映画はフランス制作のアニメしか知らんかったけど日本で実写も制作されてたんだな
ネトフリで早速見てみようかな

409025:名も無き修羅:2022/02/24(木) 17:52
最後が思え、想えで深町も死んでる示唆から、全員死んでて後味悪いのでは?

409032:名も無き修羅:2022/02/24(木) 18:40
小説版と漫画版は名作だったよ

409037:名も無き修羅:2022/02/24(木) 19:22
羽生の死体を担いで帰ったの?
死体がもう一つ増えるんじゃない?

409038:名も無き修羅:2022/02/24(木) 19:56
実際に死体を担いで下山したわけじゃない
想いというか魂を連れて行っただけよ

原作だとフィルムを持って帰って現像。マロリーは登頂に成功して遭難死=同じルートをたどったと思われる羽生も成功したんだ的な連想で終わり

409046:名も無き修羅:2022/02/24(木) 21:53
#409004
ネパールでピカールサン(毒蛇)ってあだ名で呼ばれてたからハブだと思うよ

409048:名も無き修羅:2022/02/24(木) 22:02
道楽者のクソ野郎って感想はあんまりピンと来ないな

409054:名も無き修羅:2022/02/24(木) 23:08
この「後味の悪い話」ってやつ、気持ち悪いんだよな
なんというか、体験談の癖にやけに詳細で絶対ウソだろ、って話を読んでる時の気分

409059:名も無き修羅:2022/02/25(金) 00:11
原作の小説も面白かったけど、谷口ジローの漫画版こそが至高
夢枕獏の筆致を上回る谷口ジローの描写と展開でページをめくる手を止められない

実写映画?
そもそもあの原作を2時間でやろうと企画した時点で論外
山映画ならその前に「剱岳 点の記」という傑作があるし

409069:名も無き修羅:2022/02/25(金) 07:01
これ、漫画版だと最後はマロリーのフィルム持って帰るんだけど(未読だが当時の原作小説もそのはず?)
マロリーの死体がリアルで見つかっちゃったもんだから(しかも状況的に登頂できてない)原作小説をラストだけ変えてフィルム持ち帰らないように改変してるぽいかな
映画制作と一緒に再出版された小説はそうなってる(こっちは買って読んだので確実)

409077:名も無き修羅:2022/02/25(金) 08:45
この主人公は羽生の女を次々と寝取るやべーやつだからな

409102:名も無き修羅:2022/02/25(金) 11:27
これ,新編のラストってポケットのナッツを発見するやつだっけ?
猛烈に感動したぞ

409196:名も無き修羅:2022/02/25(金) 23:58
わかれ!わかってくれ!

409209:名も無き修羅:2022/02/26(土) 04:58
原作も、そして原作以上だと思う漫画版も好きだったんで見てみたが…
ホント何でこんなクソになるのか?ってぐらいのクソ映画だった
せっかく現地まで行ってロケしたのに、金の無駄遣いしやがってとすら思った
最後の阿部寛の“座り往生”シーンも、本当なら感動するはずなのに
「(そういや阿部寛って演技してる時はいつもこんな顔だなあ…)」
って思ったら苦笑してしまった
原作や漫画の素晴らしいイメージを壊したくないなら「見ないことをお勧めする」

409287:名も無き修羅:2022/02/27(日) 03:01
日本に置いてきた彼女はまあいい
現地で子ども2人も作ってるのが無責任極まりないと思った

コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
Page Top

Back To Top