FC2ブログ

 言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか
 マンガでわかる人工知能
 韓国、ウソの代償 沈みゆく隣人と日本の選択

ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
刑務所(農場受刑者)のメシwww


【水産白書】魚介類消費ピークの6割に、1960年度以降で最低の水準
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1559263572/


44 :名無しさん@1周年:2019/05/31(金) 10:33:43.43 ID:sAsV8CDn0.net
魚はわかる
介ってなんだよ?
貝じゃなくて



55 :名無しさん@1周年:2019/05/31(金) 10:49:11.31 ID:HNJgkJky0.net
>>44
NHKによる解説

https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/term/071.html
まず「魚介類」についてお話しします。「介」という漢字は、
よろいをつけた人の形を文字にしたものです。
この「よろい」という意味が転じて、「介」の字は堅い甲羅を
持つ生き物(貝、エビ、カニなど)を指すようになりました。
そこから広がって、「魚介類」は魚類および貝類、エビ、カニ
だけでなく、甲羅のないイカ、タコ、ウニ、ナマコなども含めた
水産物全般(ワカメなどの海藻は除く)の「総称」として定着しました。

次に「魚貝類」について説明します。「貝」という漢字は、
音読みは「バイ」、訓読みが「かい」です。ですから、漢字3つとも
音読みで統一するとすれば「魚貝類」は「ギョバイルイ」と
読むことになります(なお「魚貝(ギョバイ)」ということばは、
昔の史料には出てきます)。「魚貝類」を「ギョかいルイ」とするのは
「重箱読み」というあまり一般的でない読み方で、おそらく「魚介類」の
「介(カイ)」を「貝(かい)」と混同したものだと思われます。

また、厳密な意味で言えば「魚貝類」だと魚類と貝類しか指さず、
エビやカニは含まれないことになってしまいます。

「総称」として使う場合は「魚介(ギョカイ)類」、魚類と貝類のみを
指す場合には「魚貝(ギョバイ)類」、というように使い分ける方法も
あるかもしれませんが、「魚貝(ギョバイ)」ということばは放送で
使って通じるほど一般的なことばとは言えません。後者の場合には
むしろ「魚と貝」などとはっきり言ったほうがよいでしょう
(『ことばのハンドブック』P.52)。



205 :名無しさん@1周年:2019/06/01(土) 20:09:12.52 ID:dP/YMZR30.net
>>55
なんという懇切丁寧な説明



207 :名無しさん@1周年:2019/06/01(土) 20:14:40.19 ID:LT8lJA0I0.net
>>55
なるほど分かりやすい
勉強になりますた




関連‐昔の海女はフンドシ一丁でおっぱいポロンの格好だったらしいな
    北海道の飯はうまいという風潮 ←オススメ
    「蛸と海女」とかいう葛飾北斎作の画www
    こういうの無駄に金かかってそうだけど元とれるんかなぁ【画像】


関連記事


    


管理人オススメ記事
口裂け女とかいう全国のキッズを恐怖に陥れた存在
江戸時代の将軍の生活が優雅過ぎるwww
グルメ漫画「言うまでもなく無化調で塩ラーメンを作るのは非常に難しい」
天ぷら職人「客前で天ぷらを揚げるには10年修行しないとダメ。見て覚えるのに10年かかる」

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク


‐全ランキング表示‐

★オススメリンク
コメント
305815:名無しマン:2019/06/02(日) 08:09
amazonのクソみたいな作品タイトルに笑ってしまったw

305822:名無しマン:2019/06/02(日) 10:37
介 って字 イカに形が似てるからじゃないんか?

305823:名無しマン:2019/06/02(日) 11:13
44がギアッチョで再生された

305841:名無しマン:2019/06/02(日) 15:47
305815
新作のなろう小説かと思ったらAVだった

305871:名無しマン:2019/06/02(日) 20:06
※55のコメントが完璧すぎて素敵。

305879:名無しマン:2019/06/02(日) 22:44
>>55
というのはウソです。

305882:名無しマン:2019/06/03(月) 00:33
ボーっと生きてんじゃねえよ!(幻聴)

305885:かごめ:2019/06/03(月) 01:50
介って、~のすけのスケだが、やはり鎧を着た男の意味になるのか。助より格上だな。助は助平の助だから。

コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
Page Top

Back To Top

アクセスランキング ブログパーツ