FC2ブログ

 反日種族主義 日韓危機の根源
 「小児性愛」という病 ―それは愛ではない
 産まれてすぐピエロと呼ばれた息子
 勉強が死ぬほど面白くなる独学の教科書

ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
漫画を3作以上ヒットさせた漫画家、存在しない


最近知ってびっくりしたこと261
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1543868549/


99rf21.jpg


699 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 09:11:42.74 ID:EdBP8VA2.net
かぐや姫の「神田川」の歌詞が男目線だったこと
女目線だと思ってたからなんで男の方が長風呂なんだと不思議だった
「あなたの優しさが恐かった」ってのはいつこの優しい愛情が無くなってしまうのだろうという
髪結いの亭主みたいな意味だと思ってたけど、学生運動に身を投じる闘士として
女の優しさに大義を忘れてしまいそうな気持ちになるのが恐かったということだって

改めて文章にするとつくづくどうでもいい内容だな


かぐや姫 「神田川」 歌詞


704 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 09:35:38.67 ID:WS1P6ZZl.net
>>699
男目線の歌詞だとすごく気色悪い歌に聞こえるんだがw



705 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 09:38:34.53 ID:EdBP8VA2.net
>>704
女言葉だからね
いずれにしても作った本人が言ってたから間違いない
ひょっこりひょうたん島が死後の世界だって作者が言ってたのと同じで疑いようもない



706 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 09:50:37.42 ID:q7+5BDk7.net
>>699
え?大混乱
身体を抱いて冷たいねって言ったのも指見て悲しいかいって聞いたのも女だったってこと??
確かに男なのに毎回長風呂とかなにしてんのとは思ってたけど、女の方が男を思いやって早めに出てきてたのに男は案外長風呂好きって解釈してたわ

つかこの歌詞の女のどこが優しいんだろか
寒い中?待たせるし似顔絵は下手くそだし



731 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 13:06:31.33 ID:kdMBy9hm.net
>>706
俺も。長風呂にならないように急いで出た女が結果的に待たされる側だったと。

「あなたは私の体を抱いて、冷たいねって言ったの”よ”」と続くから、作者の意図はどうであれ
女目線だと解釈しないとおかしい。叙述トリックの小説じゃないんだから。



708 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 10:01:27.14 ID:N9vZ4I2v.net
>>699
へえ、すごく意外
男の方が長風呂だから面白いんで、逆なら普通じゃん
まさか「なごり雪」まで女目線じゃないだろうな?



709 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 10:03:38.31 ID:Pn7axTDX.net
「第一番の歌詞にて、女性の側が銭湯の風呂上がりに、何時も待たされるという描写があるが、これは喜多条が銭湯にいた鯉を眺めていたため」

…待たせてるのは男なんだが



711 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 10:49:38.95 ID:kouTdkOi.net
インタビューによって言ってる事が違う場合は、疑った方が良い


712 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 11:35:09.11 ID:EdBP8VA2.net
>>711
なんだ本人もよくわかってなかったのかw



713 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 11:40:42.78 ID:zvQ01f+e.net
2017年の読売新聞、南こうせつの連載はこうなってる

歌詞は女性の言葉でつづられていますが、「貴方(あなた)のやさしさが怖かった」の部分だけは、実は作詞家の喜多條忠さん自身の言葉だそうです。若き日、学生運動に参加していた喜多條さんがデモから帰ってくると、同棲中の彼女が、食事をつくって待っていてくれた。その幸せの中に自分が埋没しそうになっていく。

心地いいんだけど、自分の志が見えなくなってゆく怖さを感じたと言っていました。ぼくが喜多條さんから、この話を聞いたのは15年以上たってから。40歳を過ぎたあたりです。

それまで、ぼくは恋愛が成就することが怖いんだと思っていました。つまり両思いになるといつか恋愛は終わる。だから、あなたのやさしさが怖いんだと、そう思ってずっと歌っていました。それが喜多條さんから「違う」って。でも、歌詞というのは、聴いた人が、その人なりの受け止め方をすればいいんだと思います。


714 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 11:43:07.62 ID:zvQ01f+e.net
作詞家の記事もあった

六六年、大阪から上京して早大に入ると、キャンパスでは学費値上げ反対闘争が激しく繰り広げられていた。そんな熱気に押し出されるように、人形劇のサークル活動に、集会やデモに、という毎日。あとは本ばかり読んでいた。講義に出なかったので留年したが、そこで一人の女子学生と出会う。のちに出版した手記「神田川」に登場する主人公の「池間みち子」だ。

学生運動は次第に激しくなっていく。喜多條さんも羽田や三里塚によく出掛けたが、セクトに所属したことはなく、「数の論理で自分をつぶされるのがいや」な一匹おおかみだった。そのころだった。「三畳一間」のみち子の下宿に転がりこんだのは。高田馬場駅の近くで、神田川に面したアパートだった。「二人でいった横丁のふろ屋」は、歩いて十五分ほどの「安兵衛湯」。
 
確かにあのころは「何も怖くなかった」と思う。怖かったのは「ただあなたの優しさ」だった。「神田川」は女性から男性への語りかけで展開するが、この辺りの歌詞は、喜多條さんの心の軌跡を表現している。デモは覚悟を決めれば、怖くはなかった。でも、催涙ガスにまみれて帰ると、みち子がカレーを作って笑顔で待っている。「『催涙ガスの世界』から『みち子の笑顔』が表す日常の安らぎにもどりたがる自分の心が、当時は怖かった」


718 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 12:05:51.43 ID:EdBP8VA2.net
>>713-714
なるほど、そういうことだったのか



715 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 11:44:11.57 ID:zvQ01f+e.net
ということは、基本は女目線のストーリーなんだけど、あなたの優しさが、のところは作詞家の実体験が反映されてるということだろう


717 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 12:02:19.20 ID:N9vZ4I2v.net
>>714
アパートは中野坂上と聞いてたけど、違うんだ
あのくらい有名な曲になると、間違ったエピソードもたくさん広がってるんだな



725 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 12:54:17.51 ID:xzE5/hPF.net
当時の大学生は、早稲田じゃなくてもそれだけで同年代の中の1割程度のエリート。
だから学生時代、留年していても、学生運動で逮捕歴があっても大企業に就職できた。
学生時代にどんな貧乏でも、卒業後は高卒よりはるかに高給が約束されていたから、今と違って大学生に悲壮感はなかった。
世間も、学生運動を学生時代限定の火遊び、卒業したら普通に会社の歯車になるんだろ、というような生温かい目で見ていた。



741 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 15:18:29.14 ID:lJTW9CsM.net
>>714
女の部屋に転がり込んでおいて
自分は学生の身分で気ままに学生運動だのサークルだのにうつつを抜かし、
その上なに女にメシ作らせてるんだこいつうぜー
女の部屋に転がり込んだんならメシくらいおめーが作れ

って今の価値観なら思います



743 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 16:16:08.48 ID:G2HTQs3U.net
早稲田で学生運動に参加してた人から直に聞いた。
あれ、凄くモテるんだって。自分から参加して来る女子学生は自分はデモとかに出ない代わりに、ご飯や下の世話とかを進んでやってくれたって。
その時は女子相手に下手なリクツを滔々と喋りまくって(男にはバカにされるレベル)、それをウンウンと素直に聞いてくれる(昔の女子学生はごく少ない上にみんないいトコのお嬢さんでスレてない)から好きになっちゃって依存しちゃう。
でも、女子の方もだんだん女房面するようになって来て、同棲する。そうすると女子に勝てるわけがなく・・・w
そんなのがいっぱいいたそうだ。



745 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 16:38:42.10 ID:N9vZ4I2v.net
>>743
なんかで読んだ自由民権運動の話と似てるなあ
明治の壮士も女学生にモテまくったらしい



746 :おさかなくわえた名無しさん:2018/12/21(金) 16:51:28.18 ID:lJTW9CsM.net
インカレテニスサークルみたいなもんか
結局原動力は「モテたい」




関連‐学生運動からあさま山荘事件までの道程 ←オススメ
    山岳ベース事件とかいうバカのバカによるバカの見本のような事件
    中島みゆきの「空と君のあいだに」の歌詞は犬目線で書かれていた
    村下孝蔵とかいう初恋だけの一発屋www


回想の全共闘運動: 今語る学生叛乱の時代
『置文21』編集同人
彩流社
売り上げランキング: 819,004
関連記事


    


管理人オススメ記事
ラーメンライスって中国人には考えられないものらしいな
受刑者「今夜の春雨スープはビューだよ、ビューだよ」
江戸時代の将軍の生活が優雅過ぎるwww
ホルモンは脂全部落としてカリカリに焼く方法知ってから好きになった

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク



★オススメリンク
コメント
292870:名無しマン:2018/12/22(土) 08:18
俺は在日朝鮮人で酷い目にあったって言えば、運動に参加してる女とかシンパの女は簡単に股開いたって崔洋一かなんかも言ってたな

292871:名無しマン:2018/12/22(土) 09:02
こういうのは本人も周りもその都度、都合のいい解釈して利用してるだけだから
話半分に聞いた方がいい・・
とは分かってるんだけど、一度そういう噂聞いちゃうと
そのイメージがこびりつくんだよねえ
知らなかった頃に戻りたくなるわ

292873:名無しマン:2018/12/22(土) 09:07
学生運動なんて渋谷のハロウィンよりタチの悪いDQNの宴だろ
当人達とそれに憧れてた当時のガキが思い出補正で悦に入ってるだけだよ

292875:名無しマン:2018/12/22(土) 09:17
庶民の目線で大衆の先頭に立って時代を動かせた時代だから。
行きつく先が、ジョン・レノンのキリスト発言なわけで、
そりゃ若者は熱狂するよ。
周囲の人間は冷めるけど。

292876:名無しマン:2018/12/22(土) 09:25
おねえなら男目線

292878:名無しマン:2018/12/22(土) 10:06
つまりバイセクシャルだったって事でしょ。万事痒ケツ

292880:名無しマン:2018/12/22(土) 10:24
女性目線の歌

男性は長風呂だった訳じゃなく
いつも中庭の鯉に餌をやっていて外に出てくるのが遅かった

これが作詞家の説明です

292883:名無しマン:2018/12/22(土) 11:19
743
「ご飯や下の世話とかを進んでやってくれたって。」
自分の排泄物の処理もできない活動家がいたということか

292888:名無しマン:2018/12/22(土) 12:21
女って恐ろしいほど権威が好きな畜生だからな
錯覚であろうが流行ってると思えばすぐ股ひらく

292892:70代童貞:2018/12/22(土) 13:04
この曲に出てくる男は銭湯にいる亀が大好きで、亀に餌やりするのが日課になってた。風呂はさっさと上がって亀にずっと餌やってた。
ソースはそれを見てた張本人の俺。

292905:名無しマン:2018/12/22(土) 15:56
噛んだ側では無くて、噛まれた側目線…つまり被害者目線か。

292913:名無しマン:2018/12/22(土) 16:55
父の話によると「学生のおぼっちゃんの革命ごっこ」って一般認識だったようだ
スレにもあったが「どうせ好き放題遊びまくって結局体制側に就くくせになw」と冷ややかな目で見ていたとも言っていた

292915:名無しマン:2018/12/22(土) 17:04
当時学生運動やってたのは「モテたい」か「なんか暴れられて面白そうだし」のどっちかだけ
だから就職とかに不利にならない様に顔を隠してやってた
大体革命なんか狙うより選挙で勝って与党になった方が楽やん?

292925:名無しマン:2018/12/22(土) 17:55
この学生運動に影響されたジジババが現在もパヨク活動に勤しんでいる。
大学が多い東京と京都にパヨクが多い最大の理由。

292935:名無しマン:2018/12/22(土) 21:48
何にせよ男が書いた詞なんだろ

292944:名無しマン:2018/12/23(日) 00:02
数年前の大豪雨で神田川増水時の「窓の中は神田川」のAAすこ

292947:名無しマン:2018/12/23(日) 00:37
俺の友達が二人して銭湯行ったときに
片方(ハゲ)が髪を念入りに洗ったんでもう片方が外でえらく待たされたという話を聞いて
「ゲイの神田川か」と思った

292953:名無しマン:2018/12/23(日) 04:56
あの頃の男はヒッピーみたいなロン毛で手入れに手間取って長風呂になったっていつかの番組で言ってたけどなぁ

292955:名無しマン:2018/12/23(日) 06:24
どう見ても男の作った男サイドの歌にしか見えんがねェ…
野郎でも一部はアナタ呼びするんだし

コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
Page Top

Back To Top