FC2ブログ

 反日種族主義 日韓危機の根源
 「小児性愛」という病 ―それは愛ではない
 産まれてすぐピエロと呼ばれた息子
 勉強が死ぬほど面白くなる独学の教科書

ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
漫画を3作以上ヒットさせた漫画家、存在しない


847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/13(月) 22:24:16
一人の南京人として日本人を恨むかと言えば、私はその資格を有する人間であろう。しかし、
私は日本人を恨んではいないし、そうしたいとも思わない。私が日本人を恨めば、私はきっと
自分自身をも恨むようになってしまうのではないだろうか。私はなぜ自分が日本人を
恨んでいないのか、考えてみた。
まずは「宣伝」に対する反抗心理に基づくものである。南京大虐殺記念館で公開されている
写真を見れば、遺恨の念をはじめとする様々な感情を抱くことは禁じえない。
しかし、これらの感情は日本に対してではなく、戦争に対する感情であり、悲劇はあくまでも
戦争が作り出したものだと感じるのだ。
中国国内における
「宣伝」は目的をほぼ達成したといえるだろう。多くの中国人は骨髄に達すほどに日本人を
恨んでいながらも、戦争そのものを恨むことはない。そればかりか彼らは戦争を
好んでいるようにも見え、戦争が勃発することで日本人や台湾人、米国人、ひいては自分と
意見を異とする同胞ですら殺そうと期待しているようにすら感じるのである。

私が日本を恨んでいないもう一つの原因は、率直に言えば私は日本の文化が好きだからに
他ならない。多くの中国人が日本の漫画を愛読しているのではないだろうか?私の場合は
漫画ではなく、日本の文学が好きなのだが、私は川端康成の「伊豆の踊り子」や「雪国」を
読んだこともあるし、村上春樹の作品も大好きである。また、私が好きな中国人作家の
郁達夫も日本文学の影響を受けているのだ。

もちろん私も日本文化には変態的で抑圧された面が存在することを知っている。はじめは驚き、
嫌悪感も抱いたが、それだけで日本人の国民性を否定したり、攻撃したりはしない。
なぜなら完全無欠な民族など存在しないからである。それに私は日本のアダルトビデオも好きだし、
仮に極端な愛国主義者であっても日本のアダルトビデオの誘惑を拒絶することは
難しいのではないだろうか?
(後略)

*+*+ サーチナ 2009/07/13[20:10] +*+*

http://ime.nu/news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0713&f=national_0713_029.shtml
関連記事


    


管理人オススメ記事
ラーメンライスって中国人には考えられないものらしいな
受刑者「今夜の春雨スープはビューだよ、ビューだよ」
江戸時代の将軍の生活が優雅過ぎるwww
ホルモンは脂全部落としてカリカリに焼く方法知ってから好きになった

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク



★オススメリンク
コメント
1566:名無し隊員さん:2009/07/14(火) 14:09
大人だねこの人

1567:VIPPERな名無しさん:2009/07/14(火) 14:10
日本好きも日本嫌いも根本が間違ってるということはわかった
だいたい、「日本は憎まれるべき」という思考が前提にある時点で、表面には出さないものの他のヤツと同じ
要するにシナはさっさと全滅しろってことだ

1568:VIPPERな名無しさん:2009/07/14(火) 14:22
同じ過ちを繰り返さないために歴史を学ばなければいけないのに
いまの中韓の教育では戦争をおこさせるために歴史を教えているようなもので
教えない方が平和になるというおかしなことになっている

1569:名無しマン:2009/07/14(火) 14:25

「シナは滅ぶべき」という思考が前面に出てますよ

1570:名無しマン:2009/07/14(火) 14:25
※2が相当アホってことだけは分かったな

1571: :2009/07/14(火) 14:54
こういうまともな中国人を全滅させちゃったのが天安門事件

にしても、惜しい事にもう一歩真実に近づけてないのが残念でならない

1572:名無しマン:2009/07/14(火) 14:58
我々も中国を恨んではいない。

歴史を捏造し、先祖を貶め、日本の著作物を大きな顔でパクリ他国に売りつけ、違法にダウンロードしたアダルトビデオに文句つけたり、日本への内政干渉が大好きな、自国民虐殺街道まっしぐらな政府、企業がいても、

嘘つきで道に痰を吐き、時として強盗強姦殺害詐欺に手を染めることがあっても、中華料理はうまいから中国の一般人を恨んではいない。


ただ、もう関わらないでほしいんだ。
永遠に。

1574:名無しさん:2009/07/14(火) 15:21
※7
激しく同意

1575: :2009/07/14(火) 15:22
南京大虐殺自体が無かったとはどうしても考えられないみたいだね。
記念館の写真が全て捏造だってことはとっくの昔に証明されてるんだけど。

まぁ日本軍から逃げるために南京市民を殺して人民服その他を略奪した中国軍人が居たことは事実だけどさ。

1576:名無しマン:2009/07/14(火) 15:39
要するにアダルトビデオは全ての過去を清算するっていいたいだけだろ

1578:名無しマン:2009/07/14(火) 16:23
米10
ですよねー

1579:名無しマン:2009/07/14(火) 16:48
チンコはウソをつかないからな。

1580:創造力有る名無しさん:2009/07/14(火) 17:07
>日本文化には変態的で抑圧された面が存在する
この点に関しては全裸で土下座するしかないな、世界に誇れるHENTAIの文化だ

1581:名無しマン:2009/07/14(火) 17:12
何でこいつに恨んでないとか言われないといけないのかが、まず理解出来ない。
気持ち悪い、死ね

1582:奥ゆかしい名無しさん:2009/07/14(火) 17:15
南京大虐殺があったかどうかはとりあえず置いといて

南京大虐殺において恨むべきは戦争であって日本ではないってスタンスに立ててるってところが凄いと思った
普通のことなのにね

1583:名無しマン:2009/07/14(火) 17:16
※9
当時人民服なんて着てないんじゃないのか?

1584:名無しマン:2009/07/14(火) 18:07
まあいいんでないの?
恨んでないって言ってるんだし(微妙に上から目線だけど)
俺らも恨んでないから日本に関わらないで・・・

1586: :2009/07/14(火) 18:34
重要な言葉なので2度言ってみました。

1587:名無しマン:2009/07/14(火) 18:34
影響を受ける=パクる

1588:名無しマン:2009/07/14(火) 18:47
すべての中国人がこうなればいいね

1613:名無しマン:2009/07/16(木) 21:01
過去の捏造と、現在進行形の迷惑を認めて謝罪するのが先だろボケが。

1679:VIPPERな名無しさん:2009/07/21(火) 18:48
いやあ、コロす時にはこの人も他の人も区別なくやるし
今さら遅いんだよ、もう遅いんだwwwザマァ

1864:VIPPERな名無しさん:2009/07/30(木) 00:51
ほぼ非の打ち所が無い視点と言っていいだろうな、中国人としては

基本的に富裕層の若者はそれなりに賢いからちゃんと話し合えるし、あと三十年くらいして何とか現状を打破出来ればいい関係になれるんじゃないかな

2102:名無しマン:2009/08/11(火) 01:21
※1 
まったくだ

こういう建設的な発言てなかなかとりあげられないよな。なんでだろ?

2114:VIPPERな名無しさん:2009/08/11(火) 22:45
なんだか的外れなこと言ってるな。


まず「日本人」の定義が曖昧だ。しかも「日本」と「日本人」をごちゃ混ぜにしてる。
彼の言う「日本人」ってのはいったい誰のことをいっているのか?
俺か?現在を生きる俺が、大陸に行って人を殺したっていうのか?
会ったことも話したこともない人間(例えば南京に行った兵士)の犯した
罪の負い目を、俺が負う必要があるのか?
否。その必要はない。そのことで恨まれるいわれもない。

現代の日本人は大日本帝国が犯した戦争犯罪を知る義務がある。
しかし、個人としてその責任を負う義務はない。
理由は単純明快―個人として殺したわけじゃないから。

例えば俺が広島人だとして、現代を生きるアメリカの若者を恨むのは筋違いだろ?
もちろんアメリカ人は原爆の効果を知る必要はあるけど、個人として恨まれるいわれはないだろう?


それに半世紀以上前の日本の戦争犯罪と、現代の日本の文化の関連性は薄い。

あと「恨む資格を有する」という考えが傲慢だし、そもそも人を恨むことに資格などいらない。

>ただ、もう関わらないでほしいんだ。 永遠に。
残念ながら中国がないと日本の経済は成り立ちません。

62124:    :2011/06/15(水) 08:35
かなり率直な意見だな。しかし大衆となれば途端に頭の悪さが
発露されるから、全体がこうなるというのは無理だな。中国再分割成るか

コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cherio199.blog120.fc2.com/tb.php/1590-7c95dc7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Page Top

Back To Top