10キロやせて永久キープするダイエット
 10年後の仕事図鑑
 死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい


後味の悪い話
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1396201875/


653 :名無しさん@おーぷん :2017/04/30(日)19:28:19 ID:Kfk
「制裁」という小説

刑務所から病院への護送中に囚人が脱走、逃げたのは幼女ばかりを狙った強姦殺人鬼
ちょうどその頃、とある父親が5歳の娘を保育園へと連れて行こうとしていた

保育園へ娘を送り届けて父親は仕事場へ、そこでたまたま見たニュースで凶悪犯の脱走を知る
見覚えがある凶悪犯の顔、実はその日保育園でその男を見かけていたのだった
慌てて保育園へ連絡を入れると娘の姿がないという

嫌な予感は的中、娘は凶悪犯に連れ去られていた
あっけなく遺体で発見される愛娘、抜け殻になってしまう父親
だが、犯人はかならずまた同じことをやるだろうという警官の話を聞き、
これ以上の犠牲を出さないため、父親は自らの手で犯人を処刑しようと決意を固める

執念からか、警察よりも早く犯人の居所にあたりを付けてあっさりと犯人を射殺
その後逮捕され裁判にかけられるが、犯人は更正の余地がない危険人物であり、
早速次のターゲットを定め保育園近くに潜伏していて犯行は時間の問題だったこともあって
少女たちを救った英雄として多くの同情を集めて無罪になる
またこの判決を受け、各地で民衆によるワイセツ野郎狩りが行われる

一度は無罪になるも、控訴審で懲役刑を言い渡される父親
収容先は件の犯人がいた刑務所で、そこでは性犯罪者は隔離収容されていた
理由は性犯罪者の安全のためで、彼らはワイセツ野郎と呼ばれ一般の囚人から毛嫌いされていた
中には殺意を持つような者もおり、一緒に収容してしまうと命に関わりかねない

そこに、かつてのトラウマから性犯罪者を激しく憎んでいるリーダー格の囚人がいた
新入りが入ってくるという情報と、刑務官らの雑談から、新入りがワイセツ野郎だと勘違いしてしまう
収容されてくる父親、ワイセツ野郎を許さないと怒りに狂う囚人、誤解は解けぬまま父親は刺されて死亡
その後の警察による尋問で、自分の勘違いだったことを知らされ叫び声をあげる囚人で終幕

その囚人にも娘がいて、凶悪犯を処刑した父親のことを英雄視してた
ろくでもない悪党ではあるんだけど、性根が腐ってるわけじゃないからそのラストがとても悲痛
父親は抜け殻にはなってたけど、刑期をつとめ終えるまでおそらく待っててくれる恋人もいたのに
あまりにも救いのないラストに鬱になったよ




関連‐「切腹」という昔の映画がなんとも残酷で後味悪い ←オススメ
    テレビ(アンビリバボー)で見た殺人事件の実話が非常に後味悪かった
    新堂冬樹の「悪虐」という作品が胸糞悪かった
    足立区女性教師殺人事件がとんでもなく後味悪いというか胸糞悪かった


制裁 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
アンデシュ・ルースルンド ベリエ・ヘルストレム
早川書房
売り上げランキング: 268,904
関連記事


    


管理人オススメ記事
【画像15枚】アオザイを着たベトナム女性のケタ外れの魅力
【画像】鎧をまとった奇跡の恐竜化石がスゴすぎてワロタwww
【悲報】エヴァオタの俺の兄、娘2人に「あやな」「みれい」と名づける
【悲報】大槻班長、眠れない

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク

‐全ランキング表示‐

ヒロイモノ中毒新着一覧

★オススメリンク
コメント
276677:名無しニシパ:2018/05/26(土) 09:52
作者はたとえ英雄扱いされても私刑はよくないみたいなことを言いたかったのかな?

276681:名無しニシパ:2018/05/26(土) 10:19
編集が、救いの無いラストの本売りたいんで書いてくれ、って作家に依頼しただけかも

276682:名無しニシパ:2018/05/26(土) 10:20
再犯起こす馬鹿の処理方法としての利点と、馬鹿が私刑をするようになるとラストみたいになるんやで、と言いたかったのでは

276683:名無しさん:2018/05/26(土) 10:28
『制裁』ってタイトルの小説で、
「主人公は悪い犯人に制裁を加えました。スッキリした主人公はその後とてもとてもしあわせに暮らし安らかに老衰で死にましたとさ。おしまい。~超はっぴーえんど☆☆~」
って話だったら余計後味の悪さを感じるからはじめから最後まで胸糞悪い方がええわ。

276685:名無しニシパ:2018/05/26(土) 11:15
復讐肯定するとこういうバカの存在も出てくるからあかんよなって。

276689:名無しニシパ:2018/05/26(土) 13:42
割と浅い話だな

276692:名無しニシパ:2018/05/26(土) 14:32
>リーダー格の囚人
ホモに色々された優男なんだろうなぁ

276696:名無しニシパ:2018/05/26(土) 15:38
北欧の刑務所は居心地いいんじゃなかったっけ。

276698:名無しニシパ:2018/05/26(土) 16:13
薄っぺらいな

276699:名無しニシパ:2018/05/26(土) 16:20
>276683
強姦殺人鬼乙

276701:名無しさん:2018/05/26(土) 16:53
変態犯人をころした父親を尊敬していたのに、
本人確認もできないって間抜けすぎてどうなの

276703:名無しニシパ:2018/05/26(土) 17:36
作者の名前を見ると外国の小説のようだが、外国の話だとそれこそ『わからない…文化が違う!』ってエウメネス状態になりかねない。

276704:名無しニシパ:2018/05/26(土) 17:44
ありえなすなあ。
幼女強姦して殺すような奴は普通の男とは顔がちがうっしょ。

276706:名無しニシパ:2018/05/26(土) 18:15
大筋だけ見るとよくある話に見えるな。とは言え文章自体を読まない内から薄いだの浅いだのとは言いたくないね

276734:名無しニシパ:2018/05/27(日) 02:09
>276701
デスノートといい、これといいとってつけたような因果応報。
反吐が出るわッッ!

276767:名無しニシパ:2018/05/27(日) 14:11
相棒みたいな筋だな

276851:名無しニシパ:2018/05/28(月) 13:15
※276677みたいに「すべての私刑が悪だ」みたいに、
なんでも「すべての」で語りたがる人がいる。
そういう人は他人もそうだと思い込んでる。

だけど、物事は「すべての」では語れなくて、良いこともあれば悪いこともある。

制度的に正しい手続きを踏んだはずの刑だって「すべての」それが正しいわけではない。
正当に罪を裁くこともあれば、冤罪で裁いてしまったり、犯罪者を無罪としてしまったりする。

コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

Page Top

Back To Top

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ