FC2ブログ

 反日種族主義 日韓危機の根源
 「小児性愛」という病 ―それは愛ではない
 産まれてすぐピエロと呼ばれた息子
 勉強が死ぬほど面白くなる独学の教科書

ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
漫画を3作以上ヒットさせた漫画家、存在しない


後味の悪い話 その165
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1470579168/


718 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/09/01(木) 14:10:54.65 ID:NeqqzBmg0.net
話自体よりもそうなった時は・・・っていうタイプの後味の悪さだけど
20年間昏睡状態と思われていた男性が、実はずっと意識があったという誤診事件がありました。
事故により救急搬送された男性、脳に重篤な損傷を追い、そのまま植物状態に。
しかし、事故から20年後、息子には意識があるんじゃないかと母親は考え、脳の専門家に診て
もらうと、男性は全身まひで全く動けないものの、20年間ずっと意識があった事が分かりました。
彼は最初の一カ月で諦め、ひたすら夢をみることだけを考えていたそうです。20年間ずっと放置プレー地獄です。
奇跡の物語として紹介されていますが、彼を診た脳専門医によると、こうした事例は世界中で起きている
可能性があるとの事。
もしも、自分が事故に遭って・・・と考えるとちょっと怖い。



719 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/09/01(木) 14:19:35.33 ID:hy/kaLex0.net
意識があるかどうかって
脳波調べたらすぐわかりそうなもんだけどな



720 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/09/01(木) 18:20:49.29 ID:3NmaCMmS0.net
>>718
その事件はむしろ「その後」のほうが後味が悪い

その男性は「奇跡の人」として世界中で話題になった。
体に麻痺は残るものの自由に体を動かせる部分もあり
わずかながら動く右手の人差し指でキーボードを押して
自分の過去の23年間の苦痛を訴えた。
但し、麻痺が酷いため「スピーチセラピスト」の手を借りての応答となった。

そしてある日、突然、その検証を行っていた医師が
テストの結果男性の文章は男性自身のものではなく
スピーチセラピストが書いたものである可能性が高い、と言い出した。
検証するためのさらに厳密なテストを行いたい、と男性に告げるたところ、男性は拒否した。
医師は、家族の同意を得て新たなスピーチセラピストを彼につけた。
すると、男性は意見を翻し、あっさりテストに同意した。

ところが、このテストの結果はすべて良い結果を出せなかった。
非常に単純なテストで、セラピストを部屋から出し、男性に「ある物」を見せる。
セラピストを部屋に戻し、彼が何をみたのか聞くように伝える。
その「ある物」が男性はわからなかったのだ。

現在もこれについては様々な推測がなされている。
果たして彼は本当に23年間意識があったのか?
それともスピーチセラピストによってつくられた嘘の事件なのか?
答えは未だに出ていない。



721 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/09/01(木) 19:35:19.45 ID:QLK+n2ko0.net
右手の人差し指の動きはただの反射かなんかで、随意運動ではなかったって事?


722 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/09/01(木) 19:54:33.33 ID:3NmaCMmS0.net
それもまだ不明

ちなみに問題化したのはファシリテーテッド・コミュニケーションというヤツで
介護者が意思疎通の手伝いをすることは多々あるんだけど
その場合、その「意思」が果たして障害者本人のものなのか?
はたまた、その手伝いをしている人間のものなのか?という問題が常に付きまとっている

日本では奇跡の詩人と呼ばれた日木流奈という少年が
母親を介してすばらしい詩を発表していた
それをNHKが取材をして放送したところ
少年が寝ているのに母親が少年の手をもちキーボードがわりの紙を指差すようにして
「うちの子がこんなことを言ってます」というシーン等におかしいだろ、という指摘がおきた、というのが有名



723 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/09/01(木) 20:13:01.79 ID:xwbBX49bO.net
>>722
その番組見てたけど怪しいなと思ってた
そしたらやっぱり問題になってたわ
あれお母さんが明らかに動かしてたもんな



725 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/09/01(木) 23:17:53.53 ID:QLK+n2ko0.net
キングの「第四解剖室」思い出した
ゴルフ場で謎の蛇にかまれて仮死状態になってるけど
意識はあって、これから解剖室で解剖されてしまう男の話

まあ現実的には意識があったら脳波で判るよな



726 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/09/01(木) 23:48:51.31 ID:YJSBfZqL0.net
ゴム手袋じゃないと勃たなくなった、ていう後味が悪い話だっけ


727 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/09/02(金) 01:03:16.50 ID:/Zw6huY50.net
メス入れられる瀬戸際に、女性の解剖医が掴んでた主人公のチ○コがおっきして
一命を取り留めるんだけど、生還後はゴムはめた手でないとおっきしなくなった
>第四解剖室




関連‐前にテレビでみた医療事故の被害者の話が後味悪かった ←オススメ
    以前世界まる見えかアンビリバボーかでやってた海外の話が後味悪い
    最近アンビリバボーでやってた天才チンパンジーの話が後味悪い
    「世界ウルルン滞在記」って罪作りな番組だったよな


第四解剖室 (新潮文庫)
スティーヴン キング
新潮社
売り上げランキング: 137,694
関連記事


    


管理人オススメ記事
ラーメンライスって中国人には考えられないものらしいな
受刑者「今夜の春雨スープはビューだよ、ビューだよ」
江戸時代の将軍の生活が優雅過ぎるwww
ホルモンは脂全部落としてカリカリに焼く方法知ってから好きになった

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク



★オススメリンク
コメント
232784:名無しマン:2016/09/02(金) 13:45
>ゴム手袋じゃないと勃たなくなった

チンコにゴムはめたんじゃダメなんかな

232786:名無しマン:2016/09/02(金) 14:00
>232784
手袋フェチの一種だよ
シルクの手袋の手触りなんかは割と欧米では一般的なフェチ
それになぞらえたジョーク風のオチと、
ゾッとする緊迫感が続いた後に、「死にかけてそれかw」という単純な笑えるオチ、
その複雑に絡み合った味わい深さよ

232790:名無しマン:2016/09/02(金) 15:07
海軍の衛生兵だった人の手記で
ケガで身体を動かせない患者がモールスで意思疎通をしようとしてるのに気付いた
でも何もしてやれることが無いので水を飲ませて最後を看取ってやるのが精一杯だったとか書いてた
あれは眼球の動きだったっけな

232795:名無しマン:2016/09/02(金) 17:08
そしてジョニーは戦場へ行った

232798:名無しマン:2016/09/02(金) 18:37
ジョニーは戦場へ行った怖すぎんよ…

232922:名無しマン:2016/09/04(日) 13:07
前仰天ニュースで似たようなのあったけどそれとは別の話か
こっちの方は確か回復してたし

コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
Page Top

Back To Top