FC2ブログ

 反日種族主義 日韓危機の根源
 「小児性愛」という病 ―それは愛ではない
 産まれてすぐピエロと呼ばれた息子
 勉強が死ぬほど面白くなる独学の教科書

ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
10巻くらいで完結する有能漫画


僕は昔、霊感が強いっていうか他の人には見えないものが見える子どもでした。

でも大きくなるにつれそういうものが見えなくなって、霊の記憶なんて薄れ始めたころです。

ある年の夏休み。

僕は部活で学校に通ってました。

いつもの駅のホームに下りる階段で僕は何かイヤな予感を感じました。

ホームの少し向こうの線路際にスーツ姿の中年の男が立っていたんです。

暑さのためか、ぼーっとしてるみたいでした。

足元に目を向けるとアナウンスで流れる「黄色の線」の上に立っています。

そのまま視線をずらすと、ホーム下でしゃがんでいるのか、胸から上だけホーム上に出してる男が見えました。

その両腕は男のズボンの裾を掴んでいました。


昔の感覚がよみがえったのか、ホーム下にいる男はこの世のものじゃないとわかりました。

ホーム下の男の手は中年の男の足をひっぱっているみたいで、中年の男はフラフラと、少しずつホームの端に引きずり寄せられているようでした。

この駅は普通しか停まりません。

電光掲示板をみると、次の列車は「通過」となっています。

僕はあせりました。
 
駆け寄っておじさんに声をかけるべきかどうしようか迷っていました。

すると「パアァーン」と、逆側のホームを急行が通り過ぎました。


その音でおじさんは我に戻ったらしく、ホーム下の男の手を振り払うように、ホームの中央に歩いていきました。

僕は、ほっとするのも束の間ホーム下の男はまだそこに残っていました。

「見える」僕に気がついたのか、その男は、同じ体勢のまま横移動して、僕に向かってすごい速さで近づいて来たんです!

僕はなりふり構わず階段を駆け上がり駅を出ました。

駅の外から線路の方を見ても、そんな男は見当たりませんでした。


・・・それから、何度も同じ駅を使ってますが、こういった経験はこれだけです。
関連記事


    


管理人オススメ記事
お前らに俺たち「撮り鉄」の気持ちを理解してほしい本当に
黒いマスクつけてる奴って何アピールなの?
ベトナム女「ここはベトナムなのです。日本のモノサシを持ち込まないでください」
キャベツおかわり無料の素敵なお店を好き放題けなすクズ

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク



★オススメリンク
コメント
101:小晴:2008/11/07(金) 23:57
怖いのはヤっ(TTдTT)

コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cherio199.blog120.fc2.com/tb.php/126-d8da6398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Page Top

Back To Top