FC2ブログ

 籠池家を囲むこんな人たち
 新聞という病

ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
「シャトゥーン~ヒグマの森~」とかいう熊漫画www


水曜日のダウンタウン 16
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/tv/1437102795/


16 :名無しでいいとも!@放送中は実況板で:2015/07/18(土) 08:40:41.36 ID:IAEybF1o0.net
おじいちゃんおばあちゃんが異口同音に、
「ああ、ケイキね」っていうのが興味深かった。当時はそう呼んでたのかね(愛称というか)。



21 :名無しでいいとも!@放送中は実況板で:2015/07/18(土) 11:42:33.10 ID:iCj6b9TQ0.net
>>16
江戸時代以前には、その人物の本名を諱とし、他人が諱で呼ぶことを避ける習慣があった。
代わりに輩行名や百官名などの仮名で呼ぶ場合が多かったが、諱を音読みする場合もあった。
例えば徳川慶喜を「ヨシノブさん(様)」と他人が呼ぶことは極めて無礼な行為であり、代わりに「ケイキさん」と呼ぶことが多く、慶喜本人もそう呼ばれることを好んでいたとされる。


番組見て調べたら有職読みらしくwikiに載ってたわ
勉強になるなぁ





おまけ

歴史・時代小説ファン集まれ その 8
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/books/1389948354/


894 :無名草子さん:2015/06/16(火) 19:43:52.73 .net
柳生十兵衛三厳は「柳生十兵衛」なのに、明智十兵衛光秀は何故「明智光秀」なの?


896 :無名草子さん:2015/06/18(木) 11:31:35.56 .net
>>894
明智光秀は教科書に載るレベルの人でその場合諱=正式名で書かれるから、こちらがなじみがある
本当は諱で呼ばれる場合はめったにないんで、明智も十兵衛とか日向守とか呼ばれてたはず

柳生もおやじは十兵衛よりは諱の宗矩で出てくることが多いけど、やはり柳生但馬守だよな
弟たちも友矩、宗冬は地の文ならともかく、台詞での呼びかけは形部、主膳にしてほしい
さすがに五味の柳生武芸帳や山風の魔界転生はそうなってる



899 :無名草子さん:2015/06/19(金) 18:32:29.78 .net
>>896
ありがとう。
>諱(いみな)
無知でこの言葉は知らなかった。




関連‐最後の将軍、徳川慶喜は将軍就任後1年足らずで大政奉還していた ←オススメ
    徳川十五代各将軍の雑な紹介
    あの天下人・徳川家康が最も恐れた男
    世が世なら将軍?徳川家の末裔たち【画像】


関連記事


    


管理人オススメ記事
【はだしのゲン】ゲンのクラスメイトの姉が米兵に乱暴されるシーン
グルメ漫画「そば屋のカツ丼は美味い。しかもボリュームもすごい」
【クレイジージャーニー】爬虫類ハンターで事前にスタッフが準備した生物一覧
ヒグマの恐ろしさをお花畑クレーマーどもに教えるスレ

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク


‐全ランキング表示‐

★オススメリンク
コメント
195652:名無しマン:2015/07/22(水) 15:22
徳川慶喜(よしのぶ)に会ったことありますか?っていう質問に、ほぼ全員のじじばば様が
「は? .....ああ、ケイキね」

観ててちょっと胸アツだった

195653:名無しマン:2015/07/22(水) 15:34
たまたま見てたけどいい企画だったよなぁあれ
テレビ番組の人海戦術でもなきゃやれないもんな

195654:名無しマン:2015/07/22(水) 15:35
伊東ハクブンとか野口エイセイとか、明治期の人でも音読みするの聞いたことある

195655:名無しさん:2015/07/22(水) 15:45
有名なのは信長(しんちょう)とか晴明(せいめい)だからてっきり偉大な人限定のルールなのかと・・・
慶喜でそんな事じゃないと悟った(笑

195660:名無しマン:2015/07/22(水) 16:30
当時の将軍にそれを言えるほどえらいってすごいっす
尊敬するっす

195661:名無しマン:2015/07/22(水) 16:42
伊藤博文(はくぶん)
木戸孝允(こういん)
原敬(けい)
学校の先生なんかも年寄りはこういう読み方するね

195663:名無しマン:2015/07/22(水) 16:49
思い出した。
爺ちゃんが初代文相の森有礼(もりありのり)を読むときゃ「ユーレイ」だったなw

195664:名無しマン:2015/07/22(水) 17:15
これ観てたけど、最後でIMALUが台無しにしやがった

195665:名無しマン:2015/07/22(水) 17:21
弟の徳川昭武に当てた手紙でも「ケイキ」と自分で書いてたらしいね。
明治以降、お屋敷では「御前」もしくは「ケイキ様」

195666:ゆとりある名無し:2015/07/22(水) 17:24
*195664
あのブス、海外に留学してたからわかんねーんだと思うよ

195667:名無しマン:2015/07/22(水) 17:25
有職読みというやつだな

将軍になる前の一橋慶喜のころから当時は「薬食い」と呼ばれ病人しか食わず調理した鍋をそのまま捨てるほど忌み嫌われていた豚肉を食うことから「豚一公」(豚肉を食う一橋公)とも呼ばれてたけどな

あとは珍しいケースで苗字を音読みしてた、ってのもある
新撰組の山南敬介、本人の署名で「三南」「三男」と書いているのがある
つまり「やまなみ」ではなく「さんなん」という読みが正しいかもしれないが
普通やらない苗字の有職読みをやってた可能性もあるから真相は不明、ってね

195668:名無しマン:2015/07/22(水) 17:38
面白かった が IKUSOはいらないな

195669:名無しさん:2015/07/22(水) 17:44
*195664
俺も思った
何が「もっとメジャーな人が良い」だよ
学がない人って可哀想だわ

195672:名無しマン:2015/07/22(水) 18:25
微妙に関係ないが、「護良親王」を「もりよししんのう」と読むのと、「大塔宮」を「おおとうのみや」と読むのに、違和感がバリバリあって嫌

195674:名無しマン:2015/07/22(水) 19:05
夏目漱石の「吾輩は猫である」の本文中に
伊藤ハクブンと書かれていたなぁ

195676:名無しマン:2015/07/22(水) 19:34
モンストかと思ったわw

195677:ゆとりある名無し:2015/07/22(水) 19:36
一昔前の朝生では、ハクブン、ケイキは飛び交ってたね。

195680:名無しさん:2015/07/22(水) 20:00
勝海舟とか大久保一翁とか普通は号を使うので将軍ぐらいの本名が有名な人間でないとあんまり意味はない

195681:名無しマン:2015/07/22(水) 20:31
モンストで友達がケイキとか呼んでる時は
(は?何言ってんだこいつww)
と思ってたけど本当に呼ばれてるんだなww

195682:名無しマン:2015/07/22(水) 20:40
あれに出てた芸人全員慶喜しらんとか見ててびっくりしたわ


195683:名無しマン:2015/07/22(水) 20:58
越中詩郎をエッチューさんって呼ぶみたいなもんか

195684:名無しマン:2015/07/22(水) 20:59
大河ドラマの時火消?みたいな役の人が「ケイキさん」て読んでたな。あと社会の先生が「土方歳三」を「ひじかたさいぞう」て読んでたのもそう言うのかな?

195685:名無しマン:2015/07/22(水) 21:17
※195684
東映の「新選組鬼隊長」でも「ひじかたさいぞう」と呼んでいたからあるんじゃないの

195687:名無しマン:2015/07/22(水) 22:03
どっちの読み方も同じくらい浸透してるっての藤原定家かな

195688:名無しマン:2015/07/22(水) 22:04
うちの親父が川上哲治をテツジって呼ぶようなもんか

195690:名無しマン:2015/07/22(水) 23:16
有職読みとかいう捏造された用語

195700:名無しマン:2015/07/23(木) 01:49
忌み名とか真名とかって呼び方だと「ああアレか」と思い当たりやすいかも
漫画や小説なんかでは直感的に字面だけで見て分かる上記二つが使われることが多いからね

195703:ゆとりある名無し:2015/07/23(木) 02:12
ハマコーが森喜朗を「もりきろう」と呼ぶのはそういうことだったのか

195716:名無しマン:2015/07/23(木) 08:54
身分が高い人はしっかり情報が伝わることが多いので後世いみなで呼ばれる。

身分が底まで高くないといみな自体伝わらないか、有名でないので通称や官職名で呼ばれる。

195717:名無しマン:2015/07/23(木) 08:54
>有名なのは信長(しんちょう)とか晴明(せいめい)だからてっきり偉大な人限定のルールなのかと・・・
>慶喜でそんな事じゃないと悟った(笑

身分だな

195720:名無しマン:2015/07/23(木) 10:08
町内のお墓掃除を手伝った時に、年寄が金正男を「まさお」ってずっと言ってたわw

195727:名無しマン:2015/07/23(木) 12:01
個人的には、正しい読み方がわからなくても

「別に読めないわけじゃないし。敬意払ってるだけだし」

って言い訳できるから便利。

ヨシノブもヨシヒサも「その人の場合の読み方」を知らないと読めないが、ケイキって読んでいいならごまかせる。

195743:名無しマン:2015/07/23(木) 19:16
>当時は「薬食い」と呼ばれ病人しか食わず調理した鍋をそのまま捨てるほど忌み嫌われていた豚肉を食う

新選組も隊士に精を付けさせるためという名目で、
屯所の寺で豚をさばいて料理して食ってたが。

196179:名無しの日本人:2015/07/27(月) 22:01
昔のはややこしいよなぁ
源姓の長岡越中守さんと、豊臣姓の羽柴侍従さんと、源姓の細川参議さんが同じ人だったりするし

コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
Page Top

Back To Top

アクセスランキング ブログパーツ