fc2ブログ

 AV女優はじめます。
 「数字に弱い」日本人の超・危険な生活

ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
【腹筋注意】両親が虎に食われたワイが復讐を誓いアマゾン川で巨大ワニと戦う話【実話】

鶏の唐揚
2009年03月23日13:08 ワロタ コメント:0
このエントリーをはてなブックマークに追加    


小学生の頃の給食でいろいろと思い出深いのが「鶏の唐揚」。

肉と皮の間に黄色味がかった脂が載っていて、
噛むとじゅわっとジューシーな脂が口の中いっぱいに広がって、
家で食べる味気ない鶏と違ってすごくおいしかった。
学校給食って最低限のコストで作るから、そんなに贅沢な素材は
使えないはずだけど、良い仕入先があったんだろうな。

その鶏の唐揚が給食に出る日、事件が起こった。
ちょうど風邪が流行っている時期で、クラス内だけで5人ほども欠席していたので唐揚も5個余る。
人気メニューなだけに壮絶なおかわり争奪戦が催されると思われた。
ところが、まだ全員に配膳し終わらないうちに担任のN先生(当時40代くらいの男)が、
自分の唐揚と合わせて6個の唐揚を皿に載せてさっさと自分の席に着いてしまった。
おかわりを狙っていた育ち盛りの男子たちは一同唖然。

さらに、である。
配膳も終わりに近づく頃、唐揚が5個足りない事が解った。
風邪が流行って全クラスに欠席が多かったので、給食室のおばちゃんが数を調整していたらしいのだ。
唐揚をもらえなかった最後の5人は、小さな皿に6個の唐揚をこんもりと盛ったN先生の元へと集まった。
そこでN先生は信じられない一言。
「給食室に行って取ってきなさい」

あれから四半世紀以上経つけど、唐揚を目にする度にこの事件を思いだす。
中村先生、お元気ですか。
関連記事


    


管理人オススメ記事
強引なレスバトルの勝ち方
店員「スープバー頼んでないですよね?」 ワイ「ごめんなさい!セットに入ってると思ってたんです…」
【悲報】新入社員さん、マジで使えない
彡(^)(^)「F社のワクチン打っても熱が出なかったから出社しました~って言ったら…」

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク



★オススメリンク
コメント
コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cherio199.blog120.fc2.com/tb.php/1080-09022ba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Page Top

Back To Top