FC2ブログ

 反日種族主義 日韓危機の根源
 「小児性愛」という病 ―それは愛ではない
 産まれてすぐピエロと呼ばれた息子
 勉強が死ぬほど面白くなる独学の教科書

ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
10巻くらいで完結する有能漫画

隣の姉弟
2009年03月20日13:17 いい話 コメント:2
このエントリーをはてなブックマークに追加    


昔隣に住んでいた姉弟。
お姉ちゃんは当時小学校低学年。引っ越してきたばかりで、性格がおとなしいので友達がなかなかできずにいるらしかった(母親同士が仲良かったので聞いた)。

ある日その子が家の前で遊んでいたら、子供が数人通りがかってその子に絡みはじめた。
都会育ちのその子はいつもけっこうお洒落な服を着ていたので、それをネタに、はやし立てて小突きまわし始めたので止めに行こうとしたら、その子の家から弟(たしか当時4歳か5歳だったと思う)が棒切れを持って飛び出してきて、姉をかばうように立っていじめっ子に「お姉を苛めたら許さん!」と怒鳴って棒切れをブンブン振り回した。

いじめっ子が「なにこいつw」みたいな感じで弟に近づいても、一歩も退かない。
むしろキッと睨んで棒切れをしっかりかまえて威嚇している。
ほっといたら喧嘩になるかと思って止めに入ったけど、いじめっ子たちも何か思うところあったらしく、おとなしく帰っていった。

しばらくしてまた母親づてにその後の話を聞いた。
母によると、あの日隣の子をいじめていた子たちが「あの子の弟はすごい」と学校の皆に言ってまわり、それがきっかけで話しかけてくれる子が大勢いてたくさん友達ができたらしい。

姉を思う弟の心が、二重の意味で姉を救ったんだと思うと胸が熱くなった。


関連記事


    


管理人オススメ記事
お前らに俺たち「撮り鉄」の気持ちを理解してほしい本当に
黒いマスクつけてる奴って何アピールなの?
ベトナム女「ここはベトナムなのです。日本のモノサシを持ち込まないでください」
キャベツおかわり無料の素敵なお店を好き放題けなすクズ

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク



★オススメリンク
コメント
842:小晴:2009/03/22(日) 13:00
素敵な兄弟だな^^うちの兄貴は…

4149:名無しマン:2009/11/03(火) 09:24
いじめっ子たちも男気があるやないか

コメントを投稿する
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cherio199.blog120.fc2.com/tb.php/1067-383973e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Page Top

Back To Top