FC2ブログ

 単体女優 AVに捧げた16年
 邦人奪還: 自衛隊特殊部隊が動くとき
 塀の中の元極道YouTuberが明かす ヤクザの裏知識
 神武天皇実在論

ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
サーモスの真空断熱タンブラーを使ってる奴いる? 買って良かった?


54 :ローカルルール変更議論中@VIP+:2009/03/26(木) 22:50:50.33 ID:6z4elN7oO
アメリカのとある地方に野球観戦の大好きな、でも、目の見えない少年がいました。
少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手にあこがれています。少年はその選手へファンレターをつづりました。
「ぼくは、めがみえません。でも、毎日あなたのホームランをたのしみにしています。
しゅじゅつをすれば見えるようになるのですが、こわくてたまりません。
あなたのようなつよいこころがほしい。ぼくのヒーローへ。」
少年のことがマスコミの目にとまり、二人の対面が実現することになりました。
カメラのフラッシュの中、ヒーローと少年はこう約束します。今度の試合でホームランを放てば、少年は勇気をもって手術に臨む、と。
そして、その試合、ヒーローによる最後の打席。2ストライク3ボール。
テレビや新聞を見た多くのファンが、スタジアムで固唾をのんで見守り、少年自身も、テレビの中継を祈る思いで聞いています。
ピッチャーが投げた最後のボールは大きな空振りとともに、キャッチャーミットに突き刺さりました。
全米から大きなためいきが漏れようとしたその時、 スタジアムの実況が、こう伝えました。



「ホームラン! 月にまで届きそうな、大きな大きなホームランです!」











そして審判は言った



[アウト]






    


管理人オススメ記事
マジカルバナナで『黒人と言ったら♪』ってお題がきたらなんて答えるのが正解なん?
【画像15枚】アオザイを着たベトナム女性のケタ外れの魅力
2ちゃんねる発祥のある隠語をめぐっての起源主張バトル
ワイ「寄生獣か…過大評価古典漫画の典型なんやろな」ペラー

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク



★オススメリンク
Page Top

Back To Top