FC2ブログ

 なぜ日本人メジャーリーガーにはパ出身者が多いのか
 ルポ・京アニを燃やした男

ヒロイモノ中毒今週のイチオシ記事
ブラックジャックの「シャチの唄」とかいう切ないエピソードwww


今日、母が死んだ。


                       葬儀は1時よ あなた
  ┌──┐                気をつけていってらっしゃい。
  │    |  ('A` )     (‘。‘|||
  │  。 |  (  )ヾ     ( ノ)
  │    │  〈 |       〈〈
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


   実は母に会うのは今日が初めてになる。



      ジャア イッテクル
  ┌──┐
  │    |  ( 'A`)     (‘。‘|||
  │  。 |  (  )ヾ     ( ノ)
  │    │  〈 |       ||
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





   物心ついた頃には俺は孤児院にいた。
   院長の話によると俺の母は父を失ってしばらくしてから生まれたばかりの
   俺を連れてここへ来たらしい。「必ず迎えにくるから」と言い残して。


   でも何年経っても迎えに来なかった。


               │
  ┌──┬──┐   ゙│
  │    │    |     |     .__
  │    │    |     |──┤孤│
  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`    |    │児│  ('A`)
               |    |..院│  (_ _)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



   親の愛情には飢えていたが、仲間がいるからなんとかやっていけた


            ウルトラマンゴッコ ヤロウゼー
                                 (゙ュ ゙ ) ケガしないようにね
          ( 'ー`) ヾ(∀`) (゚ー゚ )  ヤロヤロー     (  )
          (_ _)   (_ _) (_ _)ヽ          ││
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





   中学を卒業してから施設で就職の世話をしてくれた。
   数年後、結婚をして子供もでき、裕福ではないけれど幸せな家庭を築こうとしていた。


        タダイマー
                         おかえりなさい
  ┌──┐
  │    |  ( 'ー`)       (ー‘|||      パパオカエリー
  │  。 |  (  )ヾ       ( ノ) (∀`)ノ
  │    │  ノ 〉         |└ (_ _)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





   世話になった施設から電話の連絡があったのは今朝だった。
   母が死んだという知らせだった。


              エッ?・・・・・・ソ・ソウデスカ・・・

         【('A`)
       田丿(  )
      | ̄ ̄| |│
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



   俺は院長とふたりで葬儀場に向かった。
   母親側にも家庭があるだろうという配慮で俺は仕事関係の知り合いと
   いう立場で葬儀に参列した。


       /                    \
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      |   .|     葬儀場      |   |
  ────┐ .~~|~~~~~~~~~~~~~~~~~|~~~┌─────────────
          │  |             |  │
          │  |             |  │ (゙ュ ゙ )   ('A`)
          │  |             |  │  (  )   (  )
          │  |             |  │  |└    |└
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





   母の夫らしき人に

   「最後に顔だけでも見てやってください」

   と言われて俺は棺の中を覗いた。
   そこには優しい顔をした女性が眠っていた。


             ______  ('A` )
             |\('ー`)し\ (  )
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  \⌒~~~ \ | |  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、  |⌒⌒⌒ |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ|____|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





   気のせいか少し微笑んでいるようにも見えた。
   俺は急に胸がつかえたような気持ちになり涙があふれてきた。
   俺は誰にも聞こえないような小さな声でこう言った。


             ______  ('Д` )
             |\('ー`)し\ (  )
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  \⌒~~~ \ | |  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、  |⌒⌒⌒ |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ|____|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





                         ウンドウカイ ニ ダレモ コナクテモ
                        サンカンビ ニ ダレモ コナクテモ ヘイキ ダッタ
             ______  ('Д` )  ハハノヒナンテ キョウミ モ ナカッタ
             |\('ー`)し\ (  )  デモ・・・・
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  \⌒~~~ \ | |  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、  |⌒⌒⌒ |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ|____|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





                       ハジメテ アナタ ノ カオヲ ミルノニ・・・・
                       ドウシテ ナミダ ガ デテクルノダロウ・・・
             ______  ('Д` ) ウウッ・・・・・
             |\('ー`)し\ (  )
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  \⌒~~~ \ | |  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、  |⌒⌒⌒ |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ|____|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





                       アナタト オハナシ シタカッタ・・・
                       アナタニ アマエタカッタ・・・・
                       アナタニ シカラレタカッタ・・・
                        イッパイ・・・イッパイ・・オヤコウコウ シタカッタ
             ______  ('Д` )・゜・
             |\('ー`)し\ (  )
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  \⌒~~~ \ | |  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、  |⌒⌒⌒ |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ|____|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





   母に会ったのはそれが最初で最後だった。
   母と過ごした日々は今日に始まり今日で終わった・・・・
   たった一日だが俺の人生の中で最も深く刻まれた一日になるだろう


       タケシ・・・・

                J( 'ー`)し     ナーニ?カーチャン
                 (  )\(∀` ).
                 │|  (_ _)ヾ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


   完



    


管理人オススメ記事
お前らに俺たち「撮り鉄」の気持ちを理解してほしい本当に
黒いマスクつけてる奴って何アピールなの?
ベトナム女「ここはベトナムなのです。日本のモノサシを持ち込まないでください」
キャベツおかわり無料の素敵なお店を好き放題けなすクズ


還暦を迎えた母に誕生日おめでとうメールを送った返信。


件名:ありがとう
本文:ついに60代になってしまいました。
思い返せば、30代は小さなあなた方を夢中で見つめていました。
40代は、若々しく成長していくあなた方に見とれていました。
50代は頼もしく輝いていくあなた方に目を奪われていました。
あなた方がみんな素敵な伴侶を見つけ、巣立って行ってから迎えた60代は
20代の頃に戻ってもう一度お父さんと見つめ合おうと思います。



うっかり感動してしまった。



    


管理人オススメ記事
お前らに俺たち「撮り鉄」の気持ちを理解してほしい本当に
黒いマスクつけてる奴って何アピールなの?
ベトナム女「ここはベトナムなのです。日本のモノサシを持ち込まないでください」
キャベツおかわり無料の素敵なお店を好き放題けなすクズ


道を歩いてたら前方からボルゾイを連れた30代くらいの女の人が来た。

けっこう離れてたんだけど、ボルゾイなんてこの辺じゃ珍しいから、
「おおー。でっけえなあ」なんて思いながら歩いてた。

すると、後ろから犬の鳴き声がする。振り返ってみると、柴犬っぽい色(でもどうみても雑種。妙に毛の長い部分とかある)の中型犬を連れたおじさんが小走りで来てた。

中型犬は興奮してて、ワッフワッフいいながらボルゾイに駆け寄る。

「マメっ! マメっ! だめ、だめだってば!」

おじさんはその犬の名らしき「マメ」を連呼しながら犬を止めるのに必死。

私はその時点で既に堪えの限界(マメという名に大ツボ)だったのだが、

女の人とボルゾイは「あらー。どうもー。」なんて言いながら、すいっと交わしてスタスタ行ってしまった。

その姿を名残惜しそうに「クオーン」と鳴きながら見送る中型犬に向かって

おじさんがひとこと。

「だめだって、マメ。あれは外人なんだから。」

((;゜ж゜;))ブフォッ





    


管理人オススメ記事
お前らに俺たち「撮り鉄」の気持ちを理解してほしい本当に
黒いマスクつけてる奴って何アピールなの?
ベトナム女「ここはベトナムなのです。日本のモノサシを持ち込まないでください」
キャベツおかわり無料の素敵なお店を好き放題けなすクズ


友達が「歴史とか勉強する意味ねぇよ。過去じゃん」と言ってきた。

僕は迷わず彼の右頬をぶん殴った。友達は半泣きになりながら「何すんだよ!」と叫んだ。

僕はもう一度拳を振り上げる。咄嗟に防御の姿勢をとる友達。拳を下ろしながら僕は言った

「そうやって防御できるのも過去を学んだおかげだろうが!」

ハッと何かに気付いたように、友達は涙を流し謝ってきた。

僕はテキトーな事を言ったのに何コイツ泣いてるんだと思った



    


管理人オススメ記事
お前らに俺たち「撮り鉄」の気持ちを理解してほしい本当に
黒いマスクつけてる奴って何アピールなの?
ベトナム女「ここはベトナムなのです。日本のモノサシを持ち込まないでください」
キャベツおかわり無料の素敵なお店を好き放題けなすクズ


467 名無しさん@お腹いっぱい。 :2008/09/24(水) 20:52:28
嫁は妊娠中。もうすぐ八か月。
西日の部屋で、ソファに座ってお腹を撫でてる嫁を見てたら、なんとなく言いたくなって
後ろから抱き締めて「愛してる」って言った。
ただ、俺の嫁、ろう者なのね。なんも聞こえないの。わかんないの。

わかんないはずなの。
でも、嫁、振り返って

手話で
《わたしも》
って言ってくれた。

俺、明日もがんばれるわ。



468 名無しさん@お腹いっぱい。 :2008/09/25(木) 01:36:06
以心伝心な良い夫婦だな
頑張れよお父さん






    


管理人オススメ記事
お前らに俺たち「撮り鉄」の気持ちを理解してほしい本当に
黒いマスクつけてる奴って何アピールなの?
ベトナム女「ここはベトナムなのです。日本のモノサシを持ち込まないでください」
キャベツおかわり無料の素敵なお店を好き放題けなすクズ


実家の近所の健康ランドの風呂であった事故なんだけどお湯の排出口におちんちんを押し付けて遊んでた奴がいて何かの拍子にぴっちりハマって抜けなくなったらしい

救急車まで出動する騒ぎになったんだけど最終的に周りの壁をくり貫いて股間にそれをくっつけたまま搬送されていったという話しだ

かれこれ20年以上前の話だが帰省するたび今だに話題になる

もうかんべんしてほしい




    


管理人オススメ記事
お前らに俺たち「撮り鉄」の気持ちを理解してほしい本当に
黒いマスクつけてる奴って何アピールなの?
ベトナム女「ここはベトナムなのです。日本のモノサシを持ち込まないでください」
キャベツおかわり無料の素敵なお店を好き放題けなすクズ

 | ヒロイモノ中毒 | 
★オススメリンク



★オススメリンク
Page Top

Back To Top